クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第2番 デイヴィス(76)

2010.12.05 (Sun)
デイヴィスsibe2
デイヴィス/ボストン交響楽団(76、PHILIPS)はボストンの充実した響きと豊かな録音が印象的。
録音は、ボストンシンフォニーでフィリップス特有のウォームトーンが包む。
第1楽章は癖のない屈託のない表情でボストンの明るさが際立つ。
第2楽章も落ち着いた表現で自己主張が後年ほどない。
第3楽章も浮足立つことなく図太い響き。中間部もうまい。
終楽章も安定的で立派。
こうしてみると隙のないバランスのとれた演奏で従来から高い評価を得てきたのも頷ける。
しかし、個人的にはこの教科書のような演奏に今一つ心が動かされないのも事実。

9:40  14:35  5:57  14:31   計 44:43
演奏  A-   録音 90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック