クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第4番 ブロムシュテット(89)

2010.06.24 (Thu)
ブロムシュテットシベ全
ブロムシュテット/サンフランシスコ交響楽団(89、DECCA)は夢見るような第4。
録音はデイヴィスシンフォニーホールで空間と厚みと粒立ちが良好で開放的な音。
第1楽章は明快に楽譜の通りスカッと鳴らした演奏。
第2楽章は妖精の踊りのようだ。
第3楽章は繊細。野原でまどろむよう。
終楽章は一貫してチューブラベルが鳴る。現実的な鉄琴でなく輪郭を少し甘くした
ところがこの演奏に合う。羽毛で撫でるようなソフトタッチを基調に時に明るい陽が射す。
触れれば壊れるような繊細なフレーズが続く。柔らかく切ない終結が感動を誘う。
暗いばかりが第4ではない。これはこれでひとつの世界だ。

10:31  4:41  10:59  10:09   計 36:20
演奏  A+   録音 93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック