クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第6番 オラモ(03)

2010.06.18 (Fri)
オラモシベ67
オラモ/バーミンガム市響(03,ERATO)はこのコンビの全集完結編。美しい情熱。
録音はバーミンガム市ホールで標準。
第1楽章はさらりとした肌触り。音色的には特に光るものはないが不足もない。
ムード的ではなくしっかり明確に鳴らす。
第2楽章は速く落ち着かない風情。苛立つような場面も見られる。
第3楽章も滑るようなテンポ。
終楽章へはアタッカ。めまぐるしい音の動き。激しい。
しかし、一転終結はテンポをゆっくりとり、音楽の間をとり感傷的な姿を見せる。
第1楽章からの激しい心の動きを最後の最後で慰め受け止めるような演出だ。
ただ、今ひとつとってつけたような表面的な感触を残す。
これはオケに起因するかもしれない。

8:15  5:21  3:21  10:04   計 27:01
演奏  A-   録音 91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック