クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第5番 バルビローリ(68)

2010.05.26 (Wed)
バルビシベ5live
バルビローリ/ハレ管弦楽団(68、BBC classics)はEMIのスタジオ録音の2年後の演奏。
終楽章でバルビ節が全開し聴衆熱狂。
録音はロイヤルアルバートホールでのライブでBBCの放送用音源。
当時のライブ録音としては良好でライブらしい雰囲気。
第1楽章は静謐の中というより明るい輝かしい雰囲気。これはライヴ的というのか。
大きなうねりを持つところがバルビらしい。生き生きとしており生命感がある。
第2楽章も明るくいろいろな音がそよそよと流れていく。密やかに単旋律が流れるのではない。
主旋律以外のパートが同時に明るく吹奏される。たとえばホルン。
明るい陽光のようだ。テンポは独自の揺らぎ。そしてなんと愛らしい表情。
終楽章は素朴でスケールは大きくないが次第に気持ちが高揚していく様が素晴らしい。
歌の場面になるとテンポを落として切なく歌う。胸をえぐられる。
派手な音響ではないが最後のティンパニが打ちおろされた後の
聴衆の堰を切ったような歓声は凄い。

13:48  8:55  9:34   計 32:17
演奏  A+   録音 86点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック