クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ブラームス 交響曲第1番 オーマンディ(68)

2010.03.28 (Sun)
オーマンディブラ12
オーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団(68、SONY)はこの指揮者の4番のブログを
書いたときにそのほかのブラームスもよいとのコメントをいただいていたので
気になっていたがこのほど中古店でめでたく見つけたので購入。
そして聴いて驚いた。
素晴らしいではないか。恰幅はいいのに引き締まっている。終結はびっくり!
一体、我々は「オーマンディ」をどれほど誤解させられてきたことか。
録音はタウンホールでCBS時代の最終期の録音でややハイ上がりだが良好。
個々のパートと全体のバランスも良い。第4番のときに感じた不満はない。
第1楽章冒頭からこけおどしでなくこのオケの地響きが鳴る。
引き締まった重厚な弦楽セクションがすばらしい。
バランスがよく決して派手な響きでなく正統派の演奏。
第2楽章はフィラのヴァイオリンの強い押し出しが印象的。
ここはもう少し柔らかくてもいいかと思うが緊張感がある。
第3楽章は弛緩しない弦の流れの中にトランペットの軽やかな響きが印象的。
終楽章はこのオケの凄さを味わえる。
ホルン、フルート、トロンボーン。次々に出てくるソロパートはヴィヴラートで
ごまかすことなく素晴らしい。弦はシルクというよりもう少し凝縮された肌触り。
一途に真面目に力強い音楽。
逞しい響きで一切拡散することなく終結に突入する。
アッチェレランドかけて興奮をあおることはないが、弦や金管の強固な音に圧倒されていると、
やってくれましたティンパニ!
今までそれほど目立つこともなかったティンパニパートをトスカニーニ張りに追加し大連打。
オーマンディがニヤリと笑う大コーダだ。参りました。+を追加!

13:40  9:53  4:44  17:08   計 45:25
演奏  A+   録音 88点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック