クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第1番 セーゲルスタム(90)

2010.03.26 (Fri)
セーゲルスタム旧シベ全
セーゲルスタム/デンマーク放送交響楽団(90、CHANDOS)は
保有盤最長の演奏時間で劇画調の大柄な演奏。
ややもたれるが、指揮者の豪放な感じはこの曲にマッチしているとも言える。
録音はデンマーク放送コンサートホール。響きは多い。
第1楽章はロシア・ロマン派というべき濃い表情。伸縮を大きく録ってブラスも時にぶっ放す。
第2楽章も濃厚路線。交響曲を聴いているという気分だと疲れるが連作交響詩という
イメージの演奏。音符が少なくなるとテンポが一段と遅くなる。
第3楽章は軽やかな舞曲でなく重量感あるドスコイ調。
終楽章も冒頭より粘りまくる。序奏部は物語が始まりますよ、と語りかけ本題に突入する。
しかし、延々と続く粘着性の演出に体力が持たなくなった・・・。

12:26  9:57  5:48  14:45   計 42:56
演奏  劇   録音 90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック