クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ストラヴィンスキー 火の鳥 セル(61)

2010.01.09 (Sat)
セル火の鳥(←現在入手可能な盤  私の入手した盤→)オーマンディペトルーシュカ
セル/クリーヴランド(61、SONY)はオーマンディのペトルーシュカ狙いで購入したCDに
入っていたもの。何気なく聞いていたが凄い名盤なのでメモに残すことに。
当時CBS系ではコロンビアレコードがバーンスタイン(57)や
ストラヴィンスキー自作自演(60,61)でこの曲を入れていたが、
CBS系のエピックレコードも競って録音を敢行しこの名盤の誕生となった。
おかげでその後のCBSのオーマンディ盤(67)が市場から短期で消える羽目になってしまった。
録音はセヴェランスホールと思われる広い響き。最強音でやや潰れる。
序章は颯爽と入る。しかしすぐに木管や弦から異様な光、艶かしさが発せられているのに気づく。
「火の鳥のダンス」ではセルの唸りが入る。弦と管を明快かつ絶妙な弾む表情をつけて舞う。
「王女のロンド」は濃厚な表情ではないがオケが美しい。
「カスチェイの踊り」の一糸乱れぬ推進力はさすがで緊迫感は相当なもの。
全体の響きは混沌とせずあいまいさがない。
「子守唄」では再び青白い光を放ち壮絶な「フィナーレ」になだれ込む。
ここでも溜めは少なく率直で大胆な音響。
ロマンティックでダイナミックなバーンスタイン盤と一味違う名盤だ。

組曲1919
2:51  0:15  1:18  4:41  4:16  3:28  2:50   計 19:39
演奏  A+   録音 85点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック