fc2ブログ

クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

グリーグ 「ペール・ギュント」から カラヤン (61)

2022.06.28 (Tue)
karajan peer gynt vienna 1961
カラヤン/ウィーンフィル(61、DECCA)は薫り立つ。

カラヤン(1908~89)は1959~64年にかけてDECCAの名プロヂューサー、
ジョン・カルショウと組んで14枚のLPを作った。
カラヤンがベルリンとウィーンを手中に収めていた絶頂期の記録。
karajan19610f40e7de8c9c83016203681b350d0b77.jpg
このシリーズは日本で1973年頃廉価盤LPとして再発売され爆発的に
売れたと記憶する。
カラヤン:指揮★チャイコフスキー=バレエ音楽 くるみ割り人形 ★グリーク=ペール・ギュント

本盤はそのうちの一枚(「くるみ割り人形」との併録)。
演奏されているのは以下の6曲。
 1. 朝
 2. オーゼの死
 3. アニトラの踊り
 4. 山の魔王の宮殿にて
 5. イングリッドの嘆き
 6. ソルヴェイグの歌

カラヤンの「ペール・ギュント」は後のBPOとのものも聴かせ上手だが、
ここではそれに加えウィーンフィルの魅力が全開。
「朝」では当時のこのオケの木管の音が味わえる。
「山の魔王の宮殿にて」などは泥んこ状態で盛り上がる。
当時のウィーンフィルは素朴な音を出す。
「ソルヴェイグの歌」は白眉。この曲だけでみると聴いた中で
この演奏が一番魅力的ではないかと思う。
とにかく弦の表情に甘さと切なさがある。
ポルタメント一歩手前の独特な節回しは、カラヤンの指示なのか
往時のウィーンの持ち味なのか。儚いその音は夢見るようだ。
The Vienna Philharmonic Orchestra With Conductor Herbert Von Karajan 14 March 1961
録音はウィーン、ゾフィエンザールでのセッション。
鮮度はさすがに最新録音に劣るがこのシリーズの中でも音は良いと思う。

4:00  4:45  3:33  2:27  4:20  5:37  計 24:42
演奏   A+   録音  87点

コメント

No title
カラヤンのペール・ギュントのうち、唯一のウィーン・フィル盤ですが、抜粋になっているのが少し不満です。
ただ、それを上回る何ともいえない音色の魅力があります。ウイーン・フィルはやはり劇音楽をやると本領を発揮するのかなーと思ったりします。
それだけに、「アラビアの踊り」や「ペール・ギュントの帰郷」もカラヤン&ウィーン・フィルで聞いてみたかったkなーと思います。

管理者のみに表示

トラックバック