クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲(フルート版) ベネット(87)

2017.07.24 (Mon)
ベネットフルート版協奏曲
ベネット(fl)/ベットフォード/イギリス室内管弦楽団(87、CAMERATA)は
なんとフルート協奏曲。
ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は作曲者自身がピアノ協奏曲に
編曲しているがこれはベネット自身によるフルート版。

ウィリアム・ベネット(1936年~)は、イギリスのフルーティストだが
ランパルやモイーズに学びフランス的ともいえる優雅さが特色。
ベネット
LSOやECO、アカデミー室内Oなどの首席を務めたが近時は指導者とのこと。
その彼がなぜ壮年期にベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をフルートに
編曲しようと考えたのかの背景はライナーには記されていない。
推測では原曲は技巧的でなく抒情性に溢れ、重音などの奏法のないので
フルートでも再現可能と判断したのだろうと。
さてこの試みは成功しているか。

第1楽章ゆったりした牧歌的な導入。
3分半ほどしていよいよフルート登場。
最初はヴァイオリンの音に比べてか細い音に戸惑う。
更にやたらテンポが遅いのにまた戸惑う。
技術的に速くできないわけでなく、敢えてこのテンポでやっているのだ。
この曲が静謐でそよ風のように聴こえる。
ベートーヴェンの意志的な逞しさとは違う世界。これは不思議な感覚。
この穏やかな景色が延々続く。オケも控えめな音量で対応。
ただ、フルートの音域の限界は感じる。
ヴァイオリンの高音域の凛とした伸びのある音が出せない。
多分ゴールウェイあたりだともっと華麗なテクニックで魅せるところも
ベネットは地味だ。遅いインテンポが鈍重さを感じさせる。
こうなると逆にヴァイオリンという楽器の表情の豊かさを思い知る。
20:44から21;21はベネット作の短いカデンツァ。経過句程度。

第2楽章ラルゲットはもともと優美な曲であるので違和感は少ないが
案外フルートの特色が出ない。

第3楽章は一番効果的と思われた。
事実リズミックに歌う場面はきらりと美しい。
しかしながらもっと快適な速度で弾んでくれたらと思う。

正直言って併録のシュヴィンドゥル(1737~86)のフルート協奏曲の
ほうがフルートの魅力を生かした佳品と感じられた。
最終ロンドなどとてもかわいらしく思わず口ずさみたくなる。

録音はモルデンの聖ピーターズ教会。
St20Peters.jpg
音場は広すぎず清涼感のあるまっとうな音。
独奏、オケの距離感は近接ではなく力強さに欠けるが演奏自体に沿っている。

22:35  8:35  10:22   計 41:32
演奏   穏    録音  91点 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック