クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 バーンスタイン(60)

2017.06.07 (Wed)
バーンスタインPcon1
バーンスタイン(p&指揮)/ニューヨークフィル(60、SONY)は才人の面目躍如。
ロマンティックで愉しい。
「第1番」はバーンスタインのピアノ弾き振りレパートリーの一つ。
バーンスタインピアノ2
1970年ウィーン芸術週間で「フィデリオ」を振る合間にこの曲でコンサートをやっていた。
その時の模様はTVで放送され、バーンスタインは
「ベートーヴェンはウィーンのもの。私はみなさん(VPO)にお任せするのみ」
と語っていたが、そんなことはない。しっかりバーンスタイン流だった。
バーンスタインVPO

第1楽章の冒頭のオケは音場の広さもあって、この曲の想定を遥かに超えるでかさ。
そこに悠然とバーンスタインのピアノが乗る。大柄なタッチながらよく歌う。
カデンツアはキース・ジャレットを聴いている感じでもある。実に能弁雄弁。

第2楽章は思いがこもり情緒纏綿。

第3楽章は活き活きノリノリ。
巨大なオケの響きが少しミスマッチだが、ピアノはスゥイング。
『ティコ・ティコ』の音楽が流れだすと体を大きく揺らしながら笑顔で弾いている(と思う)。
チャーミングなオケの合いの手で幕を閉じる。

録音はマンハッタンセンターでのセッション。
この場所特有の響きの大きさはこの曲ではちょっと。
ただし、オケ、ピアノともに伸びはよく、強音でも潰れない当時の優秀録音。

18:32  11:16  8:32   計  38:20
演奏   愉   録音 87点

コメント

名演
私はベートーヴェンのピアノ協奏曲の中で「第1」が一番好きです。
これほど愉悦感と躍動感に満ちたピアノ協奏曲は
モーツァルトにもありませんでした。

ベートーヴェンの「若書き」とバーンスタインの「登り竜」が合致した
名演だと思います。
同じこと書いてすみませんが、録音が良いのが本当に嬉しくなります。
BOXのジャケットはオリジナルではないので
今回初めてオリジナルを見ました。素敵ですね。

今週6/11(日)21:00~この曲のTV放送があります。
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/
No title
先に書かれた第2番はモーツァルトを
強く感じますが、この第1番は天才を
感じますね。
TV情報ありがとうございます。

管理者のみに表示

トラックバック