クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

プーランク 2台のピアノのための協奏曲 タッキーノ&ランジュサン(83)

2017.05.30 (Tue)
タッキーノ2ピアノ
タッキーノ&ランジュサン(P)/プレートル/モンテ・カルロフィルハーモニー管弦楽団
(83、EMI)は惚れ惚れする美しさが零れる。

LP時代のEMIの「フランスのエスプリシリーズ」ではプレートルとタッキーノが活躍していたが、
この曲にはモノラルだが作曲者とフェヴリエという決定的な盤があったため
録音されていなかった。しかしデジタル期に入ってようやくこのコンビを軸とした盤が出た
(併録はクラヴサンの田園協奏曲)。

タッキーノ(1934~)はプーランクの唯一の弟子として有名で
師匠の殆どのピアノ曲を録音している。
プーランクとタッキーノ
プレートル(1924~2017)はプーランクが最も信頼を寄せ「大好き」と
公言していた指揮者だ。
また、57年の作曲者自演盤で指揮をしているデルヴォーの弟子でもある。
プーランクとプレートル
そした意味ではこの盤は正統を受け継ぐといってよい。

演奏は作曲者による57年盤とは異なったアプローチ。
軽さは同じなのだがとにかく滅法美しい。
作曲者のものは色んな要素をそのまま並置したような、敢えて言えば粗雑さを
纏いおもちゃ箱的だったが、こちらはもっとロマンティック。
といっても決してべとべとしないさらりとした薫るようなもの。

タッキーノのピアノは軽妙で濁らない。プレートルの指揮も颯爽としているのだが
ここぞというとき両者はテンポを落とし溜めを作り憂愁のムードを醸し出す。
これが何とも沁みる。
第1楽章の音が静まった時の2台のピアノの儚い歌は夢の世界。
パリの街の輪郭が茫洋としてくる。
monet.jpg
そしてそのまま第2楽章も幻影が続く。
終楽章も軽さの中に歌を盛り込み素敵。オケも充実。

録音はモンテ・カルロのザル・ガルニエでのデジタル・セッション。
Opéra-de-Monte-Carlo-Salle-Garnier
この場所がまた素晴らしい。
モナコ公国は世界で2番目に小さな独立国だが非常に豊か。
この豪華なオペラハウスは見とれるが響きも良好。
優雅な時間を味わうことができる音盤だ。

8:36  5:13  5:53   計 19:42
演奏   S   録音  90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック