クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

プーランク 2台のピアノのための協奏曲 ゴールド&フィッディール(61)

2017.05.25 (Thu)
プーランクバーンスタイン
ゴールド、フィッツデール(p)/バーンスタイン/ニューヨークフィル(61、SONY)は
プーランクの愉しさを教えてくれた。
LPではショスタコーヴィッチのピアノ協奏曲(プレヴィン)のB面に入っていた曲。
目当てはA面だったが初めて接したこの曲も気に入ってしまった。

当時はプーランクを殆ど聴いていなかった。
EMIの「フランスのエスプリ」シリーズもまだ出ていなかった。

なんとも変わった曲だ。聖と俗、夢と現実、天国と現生が同居。
とりとめないのだが、メロディはしっかり甘く入っているのでとっつきやすい。
そしてプーランクの曲はデジャヴがある。
この作曲家には消化されていないモーツァルトやショパンやジャズが
混在しているからではないか。

第1楽章フォルテで始まり軽やかに空を飛ぶ。
すぐにテケテケの下界の喧騒が紛れ込む。
それもすぐに止み、物憂い感傷の中に浮遊する。

第2楽章はモーツァルトで始まる。
すぐにそれがフランス仕立てに変容。お洒落な音楽。

終楽章はパリの街をスキップしながら早足で。
明るいだけでなく必ず憂いを含んだメロディが差し込む。
屈折した心模様が面白い。
ブレントヘイトン

録音はマンハッタンセンターでのセッション。
この時期のここでの録音は優秀なものが多いがこれもその一つ。
センスの良い軽やかで伸びやかで美しい音。
CDリマスターも成功し現役で通用する。
2台のピアノは左右にくっきり分かれ掛け合う。
明晰だが距離感も適切でトーンがシルキー。

8:01  5:15  5:36   計 18:52
演奏   S   録音  90点

コメント

No title
「牝鹿」と比べると一筋縄ではいかぬ感じの曲ですね。
特に最後が「これで終わり?」みたいなのでなおさら・・・
この録音、ずっと聴いているのですが
ここ最近になって少し曲の良さが判ってきた気がします。
やはり録音が抜群に良いのがありがたいです。
No title
日本でプーランクの曲というのは
あまり人気が無いような気がします。
おっしゃるような一筋縄でいかないようなところがありますよね。
私はそんな掴みどころのない中で、
時に浮かび上がる魅力的なフレーズに惹かれています。

管理者のみに表示

トラックバック