クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第7番 ブロムシュテット(75)

2017.04.26 (Wed)
ブロムシュテット7
ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレ(75、DS)は最高に美しい。
この7番で聞き惚れる演奏の筆頭。

第1楽章、冒頭の和音から抜け出る木管(Ob:マーン)の響きに痺れる。
そして左右の弦が森の木々の音。
フルート(ワルター)は小鳥の囀りにしか聞こえない。
金管(Hr:ダム)の登場と共に陽は昇る。
この曲が田園交響曲の続編であることを思い知る。
奥で鳴るティンパニ(ゾンダーマン)は出しゃばらないのに
しっかり芯のある皮の音が音楽を引き締める。

第2楽章もルカ教会に響くこのオケの光沢のある音が本当に素敵だ。
テンポは遅く一貫しているがシルクを一本一本丁寧に織り込むような
光景を目の当たりにしていると時間を忘れる。

第3楽章のテンポもゆったりしており凡百の演奏なら
飽きてしまうのだが、この心地よさは何か。

終楽章は壮大な賛歌だ。
終結に向かってぐんぐんスケールを増していく。
高度を上げる。
いつの間にかシュバルツバルトを高見から眺める位置にいる。
Schwarzwald.jpg

録音は聖ルカ教会でのセッション。
この時期のドイツ・シャルプラッテンのここでの音は素晴らしい。
この演奏がここまで心に沁みるのは
このオケ・この場所の寄与なくしては語れない。

13:31  9:57  9:45  9:03   計 42:16
演奏   S   録音  94点

コメント

安曇野さん、こんにちは。いつも拝読しています。この演奏を聴いてみたくなりました。安曇野さんの表現、文章も本当に美しいです。
No title
かずひろ様
過分なお言葉恐縮です。
素晴らしい演奏を聴くと
自然に光景が浮かんだりします。
逆に美しい風景、壮大な景色に出合うと
音楽が聞こえてきたりします。
そんなことはありませんでしょうか?

管理者のみに表示

トラックバック