クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第7番 バーンスタイン(90)

2017.04.23 (Sun)
バーンスタインラスト
バーンスタイン/ボストン交響楽団(90、DG)は言うまでもなく最後のコンサート。
この演奏はまさに「記録」だ。

バーンスタイン(1918~90)は14歳から煙草を吸い始め72歳まで
ひたすらチェーンスモーカーだったという。
bernstein smoking2bernstein smoking
1日100本吸い大量のアルコールを嗜んでいたのだから寿命はもっと短くても
不思議ではない。勿論医者からはそんな不摂生はやめなさいと言われていた。
常人なら気をつける。でもバーンスタインは気にしない。
そういえば、バーンスタイン来日時に私がサインをねだりに行った時も煙草があった。

1990年春、末期がんを告知されていた。しかし、最期の最後まで精力的だった。
7月に来日し途中でコンサートをキャンセルし騒動となった。
「過労」が原因で中止と発表されたが、実はホテルで倒れ死の淵にあった。
当時は極秘にされた。
そして、彼を育てたタングルウッドで懐かしいこの曲を振って最期を迎えた。

バーンスタインのベト7は5種類の音盤が確認される(もっとあるかも知れないが)。
① 1957 BSO  11.32 7.59 6.48 6.37
② 1958 NYP  12.31 9.46 8.26 7.35
③ 1964 NYP  14.30 9.03  9.27  9.03(リピートあり)
④ 1978 VPO  14.15 8.46 8.59 7.04
⑤ 1990 BSO  16.19 9.48 10.76 8.01
最初と最後がボストン響とのライブ。しかし演奏は全く違う。
①は記録的なハイスピード。⑤は記録的なスロー。
①は強引にオケを引っ張る若武者。しかし⑤はオケと聴衆がこの指揮者を支える。
この演奏の感動はそこにある。

録音はマサチューセッツ州・レノックス・タングルウッド・ミュージック・
センターでのライブ。屋外に向けてのコンサートだと思うがしっかり録れている。
tanglewood.jpg
屋外で音が拡散する前に近接マイクで録っているからだろう。
少しオフだが予想以上にいい音。最後の聴衆の熱狂的な拍手も収録。

16:19  9:48  10:26  8:01   計 44:34
演奏  涙    録音  90点

コメント

スーパースター
バーンスタインは1985年9月のマーラー第9で接しましたが
終演後にホテルに向かう姿からはスーパースターのオーラが見えました。

ワルターの代役のデビュー・コンサートもCD化されている(入手困難)から
バーンスタインは最初と最後のコンサートが録音されています。

また、バーンスタインの生年はロシア革命の翌年
没年はソ連崩壊の前年と「ソ連の歴史に挟まれた生涯」でした。

まさしく「時代が産んだスーパースター」でした。

No title
影の王子様
バーンスタイン、そしてカラヤンは
スーパースターでしたね。
今は「スーパー」が産れにくい時代に
なったかもしれません。

管理者のみに表示

トラックバック