クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第7番 シェルヘン(65)

2017.04.19 (Wed)
シェルヘン
シェルヘン/スイス・イタリア語放送管弦楽団(65、MEMORIES)は
ガタピシャ滅法快速。
同じく速いカラヤンの洗練された重戦車に対しこちらは痩せた田舎者の槍鉄砲。

シェルヘン(1891-1966)の旧盤50年のウィーン国立歌劇場管弦楽団との演奏は
非常に伝統的でまっとうな演奏だった。指揮者の変容が極めて激しい。
演奏時間も6分ほど短くなった。大胆なアゴーギグは旧盤には全くなかった。
15年でなんでこんなに変わってしまったのだろう?

ではこの演奏が色物かというとそうではない。
指揮者は本気だ。いたるところで聞こえる指揮者の唸り。
アンサンブルは、・・・はっきり言って重要ではない。破れかぶれのゲリラ戦。
終楽章は完全に前のめりでオケが食らいつくのが必死。

ここで一つ気づいた。
最初からがたついた演奏が一層ガタついてもそれは一種の予定調和。
むしろすました名門オケをぎりぎりまで追い込んでガタつく寸前まで
やってしまう方がスリルがある。
クライバーやカラヤンの凄さはそんなところにある。

録音はルガノのオーディトリウムRTSIで聴衆を入れてのライブ。
拍手が入るが聴衆ノイズはあまりない。デットな音響で薄い音。
慣れれば聴ける。

10:07  7:54  7:13  6:45   計 31:59
演奏   槍    録音  84点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック