クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第7番 ハイティンク(85)

2017.04.18 (Tue)
ハイティンク57
ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(85、Philips)は予想通り。
『この管弦楽団の創立100周年を記念して、当時の常任指揮者ハイティンクによって
完成されたベートーヴェンの交響曲全集。1988年のレコード・アカデミー賞受賞盤』。
ハイティンク(1929~)は70年代半ばにLPOとベト全を録音しており
これは2回目の全集から。2005、6年にかけてLSOと三回目の全集も認めている。

演奏はこのコンビならではこうなるだろうという音楽。それ以上でも以下でもない。
このオケの本拠地で正統的な演奏を聴きたいという人にとってぴったり。
どこをとっても最高の音響が提供される。スケール感は最大規模で力感も過不足ない。
50代半ばのいい人による堂々とした20世紀スタイルの演奏。

中庸な演奏を指して『最初聴くにはいい』と言うことがある。
ではクラシック入門の若者にこの演奏を薦めるかというとそうはしない。
この曲の持つ本能的な動感を味あわせたいと思うと他により適当な演奏がある。

なお、80年代ハイティンクは決して全てが安全運転というわけでなく
リスクテイクする演奏もあるので要注意だ。
haitink7.jpg

録音はコンセルトヘボウ本拠地でのデジタルセッション。
例によって残響がかなりあるので、このテンポ以上には速く演奏できないと思われる。
さすがフィリップスでこれだけの音場の中でも個々のパーツもしっかり捉えている。

14:22  9:05  9:25  7:05   計 39:57
演奏   A-    録音  92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック