クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第8番 カラヤン(46)

2017.04.03 (Mon)
カラヤンウィーン8
カラヤン/ウィーンフィル(46、EMI)は指揮者38歳、初づくしの録音。
戦後初録音。交響曲初録音。また、これはカラヤンのウィーンフィルとの
数少ないベートーヴェン交響曲初録音でもある(他に49年の9番、59年の7番)。

カラヤンが学生時代から国立歌劇場の天井桟敷に通い憧れ続けたウィーン。
しかし、戦後ナチ党員であったカラヤンは連合国軍から公の場での演奏を禁止され
実質ウィーンでもザルツブルグでも表だって活動することが出来なかった。
そこにに救いの手を差し伸べたのが
EMIの敏腕プロデューサーのウォルター・レッグ(1906~1979)。
legge3.jpg
「録音」は公の場ではないと勝手に解釈しカラヤンにウィーンフィルを指揮させた。
苦しい時にカラヤンを支えた盟友レッグとの関係は60年代に入り
この指揮者が大スターになってしまうと立場は逆転しレッグは没落する。
この手の話はよくあることだ・・・。

ともかくこのコンビの第一弾、戦後初録音がこれ。
カラヤンの「8番」といえば快速で一途に駆け抜ける演奏が特色だが
ここではまだカラヤンスタイルは確立していない。
因みに第4楽章の演奏時間を時系列に並べてみる。
46年7:44⇒55年7:37⇒62年7:07⇒77年6:31⇒84年7:09というように
70年代にスピードの頂点を迎える。

本盤はある意味普通に真っ当な「8番」の名演だ。
ダイナミクスの幅はカラヤンっぽいともいえるが、
全体に当時のウィーン様式を彷彿とさせる柔らかさも持つ。
そうした点では後年のBPOとの演奏より多彩なニュアンスを感じる。
終楽章の展開ではぐっとテンポを落とし終結の再稼働に向けた
演出をするなど意欲的。カラヤンがなぜ聴衆の人気を集めたのかが分かる。

録音はウィーン、ムジークフェラインザールでのセッション。
この時期のもとしては非常に聴きやすい。リマスターもよくウィーンの響きを伝える。
モノラルは通常デットな音響になりやすいがこの会場が寄与し量感もあり迫力を感じる。

7:44  3:41  4:24  7:44   計 23:33
演奏  初   録音  75点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック