クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第7番 カラヤン(51)

2017.03.29 (Wed)
karajan1951PO7
カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団(51、EMI)は安定系カラヤン。
41年の「第7」の初録音から10年、ウォルター・レッグから1945年創設のPOを
与えられベートーヴェン交響曲録音を開始。その第一弾がまたもや「第7」。
そういえばDECCAのジョン・カルショウと組んだ時、VPOと録音した
ベートーヴェンも「第7」(1959年)だった。よほど自信のある曲なのだろう。
(↓1951年のカラヤン)
karajan1951.jpg

さて、この演奏10年前のSKBよりもとにかくオケが立派。
よってカラヤンの目指すものができている。
この頃のPOは戦後の混乱期にレッゲが英国の名手をかき集めてきただけあって
たぶん当時NO1の英国オケ。フルトヴェングラーやトスカニーニも客演している。

第1楽章から風格があり美しさがにじみ出る。
デニス・ブレインだけではなく木管も全てよい。弦も実に重厚。

第2楽章は流麗感が増している。
当時はフルトヴェングラーが存命中でその濃厚な演奏が受けていた時代だが
カラヤンの音楽づくりはそれとは一線を画す。ある意味まっとうだ。
楽想の転換はなめらかで自然で違和感がない。

終楽章は7分と彼の正規録音の中では一番遅い、というか安定的。
強引な引き回しはせずしっかりと鳴らす。

録音はロンドン・キングスウェイホールでのセッション。
弦がしっかり聴こえるがティンパニなどはこの曲ではもう少し明瞭にしてほしい。
ノイズはなく聞きやすい。

12:38  9:05  8:39  6:57   計 37:19
演奏   A-   録音  75点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック