クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

モーツァルト 交響曲第41番 ホグウッド(82)

2017.03.24 (Fri)
hogwood4140.jpg
ホグウッド/エンシェント室内管弦楽団(82、L'OISEAU-LYRE)は端正。
20世紀ロマン的威容を誇る「ジュピター」とは無縁。
ホグウッド(1941~2014)の壮年期の記録。
christopher-hogwood.jpg

冒頭の出だしから全く力みがなく、ある意味淡々と進む。
終曲までこの調子だ。現在までのピリオド群の中では興奮とは離れたところにある。
テンポは遅くも速くもなく、インテンポ。まさに彼らのモーツァルト。
聴いた後に強烈な感動はないが爽やか。
この曲でここまで純水的な演奏もないかもしれない。
一方では刺戟が少なく退屈ともいえる。

しかしクリスタルな響きでこの曲にこれほどの美しさがあったのだと気づく場面もある。
フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ、
ヴァイオリン2部14(第Ⅰ8、第Ⅱ6)、ヴィオラ4、チェロ2、コントラバス2の弦楽部は
現代オケの半分。この少人数の有利さをそのまま生かしている。

なお、このコンビが2001年に東京で演奏した際はもっとアグレッシブな表現で
テンポも速かった。しかし、この録音の頃は古楽器演奏の黎明期。
何か演奏上の特徴を打ち出さなければならないという観念はなかった。

録音はロンドンのキングスウェイホールでのデジタル・セッション。
recording-in-the-80s.jpg
編成が小さいため窮屈感はなく澄んだ音で録れている。
低域成分は多くなくスリムだがうるさいことはない。

11:01  9:14  5:54  11:50   計 37:59
演奏   A    録音 91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック