クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第8番 ショルティ(74)

2017.03.18 (Sat)
ショルティベト18
ショルティ/シカゴ交響楽団(74、DECCA)は堂々ガッシリ。
70年代のいつもながらの音圧の強い逞しい表情。迷いや曖昧さは無い。
ショルティ/シカゴSOはマーラーだろうがストラヴィンスキーだろうが
ベートーヴェンだろうがいつも同じ響きだった。
しかし、80年代以降の円熟味?を増したショルティより
この壮年期の輝かしさの方が好きだ。
solti_gyorgy.jpg

第1楽章から安定したテンポ、充実した響きで王道を行く。
ポルタメントなどの甘い表情は無く、弦は凄味を持つ。スコアをひたすら鳴らす。
ただ、切迫感などはなく余裕綽綽。

第2楽章は機械仕掛けの巨大メトロノーム。強い四角四面。
しかしよくもここまで強奏出来るものだ。
いや彼らにとってはこの強さは普通なのだ。

第3楽章も同様。微細なニュアンスで勝負しない彼らの行き方。

終楽章も慌てず騒がず、時に凄味をちらつかせながらどっしり。
ティンパニのトランジェントの良さは爽快。

録音はメディナ・ティンプルでのアナログセッション。
074-beethoven-recording-session-at-medinah-1-11-1973.jpg
全体と個々の楽器をうまく融合させた優秀録音。
低域のどっしり感が音楽を逞しくする。

10:06  4:09  5:34  7:42   計 27:31
演奏   A   録音  92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック