クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第8番 シャイー(2009)

2017.03.13 (Mon)
シャイー78
シャイー/ゲヴァントハウス管弦楽団(2009、DECCA)は表現主義的無窮動。
ピリオド奏法を持ちこんだモダンオケによる演奏。
だがそれよりもデュナミーク振幅の異様さと目まぐるさが際立つ。
それを面白いとみるか邪道と見るか。私は愉しんだ。
だがいつも聴きたい演奏になるかは分からない。

ベートーヴェンがこの曲に託した仕掛けをアンプリファイアする。
アップテンポかつスフォルツァンドの極大化でグロテスクともいえる再現。
反復実行しながら22分半ばで通り過ぎるこの演奏。
この半世紀でベートーヴェンの交響曲の中で
一番演奏スタイルが変わった曲ではないだろうか?

冒頭のダッシュから骨がぶつかりあうような音。
金管が入ると特に軋みながらオケが悲鳴を上げる。
容赦ない鞭がバシバシ入る。

第2楽章も強弱の落差が激しく疾風怒濤感がある。

第3楽章も長閑な郵便馬車のラッパ感は無い。

終楽章など音価がばさばさ切り詰められヴォルテージは極限状態。
ちょっと狂気の沙汰。
第8番は第1楽章から終結まで音楽が絶えず躍動しているが
それを突き詰めてしまった。
聴き終わると嵐が過ぎ去ったあとの呆然とした気分になる。

録音はゲヴァントハウスでのセッション。
Leipzig-Gewandhaus-concerthall.jpg
音はオンで捉えられておりかなり鋭角だが、
最後はこの会場の響きに救済される。

8:12 3:42 4:16 6:15 計  22:25
演奏   A+?     録音 94点

コメント

ゲヴァントハウス管弦楽団
ジンマン盤と比べるとオケの差が歴然ですね。
高速テンポでも音楽が軽薄化しないのはオケの性能によるものでしょう。
底光りするような低減が魅力的・・・

シャイーと同オケのCDではブラームスの交響曲全集がさらにすばらしいです。
おかげで同オケに関心が持てるようになりました。
ゲヴァントハウス
コンヴィチュニーのころのゲヴァントハウスとイメージがかなり違いますね。
機動力を獲得して素晴らしいオケだと思います。

管理者のみに表示

トラックバック