クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ブラームス ピアノ四重奏曲第1番 カプソン兄弟ほか(2007)

2017.02.19 (Sun)
カプソンPQ1
ルノー・カプソン(Vn), コセ(Va),ゴーティエ・カプソン(Vc), アンゲリッシュ(p)
(2007、Virgin)は絶妙な感覚美。重くならないブラームス。
青春譜でもあるこの曲は感傷的なメロディもきっちり詰まるが、
ここではそれがべとつかない。それがよい。

フランスのカプソン(カピュソン)兄弟にコセとアンゲリッシュという仲間を加えた演奏。
主役は左右に配置されたこの兄弟。
ピアノは中央で出しゃばらず、むしろヴァイオリンとチェロを取り持つよう。
ヴァイオリンは独自の音色を持ち単にきれいなだけでなく切ない。
チェロも微妙なスイート感。ピアノは高域で冴える。ヴィオラはヴァイオリンを立てる。
全く単調感がなくそれぞれの楽章で積極的な愉しみがある。

この演奏はスイスのイタリア語圏であるティチーノ州のルガーノで行われている。
croppedimage580380-Lugano-Tessin.jpg
こうした風光明媚な場所で音楽を奏でるのはさぞ気持ちがいいだろう。
そんなことまで感じさせる。

録音はオーディトリアム・ステリオ・モロでのセッション。
Auditorio Stelio Molo RSI, Lugano
室内楽にはぴったりの音場で弦の響きを映えさせる木質感がいい。


14:03  8:16  10:37  8:13   計 41:09
演奏   S    録音  95点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック