クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シューマン 交響曲第1番 ガーディナー(97)

2017.01.26 (Thu)
John Eliot Gardiner The Orchestre Revolutionnaire et Romantique 1997 13
ガーディナー/オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク(97、ARCHIV)は
噴出がある。
1850年作の「ライン」では分厚く押し寄せる演奏が好きだが、
青年期(1841年)の気負いの中、4日間でスケッチを仕上げたこの曲では
「勢い」が大切だ、と思う。そしてこのガーディナーにはそれがある。

もちろん、若ければいいというものではない。
ガーディナーの全集ではさらに若い時の「ツヴィカウ交響曲」(1833)が
収録されているがこれは手探り感があり今一つ。
「春」になるとやはり俄然音楽が面白くなっていることに気づく。

第1楽章序章が終わってからの噴き上がりは象徴的。
音が厚ぼったくならずフレッシュ。
テンポは前進性を優先している。
音価を切り詰め、次の音をかぶせるように持ってくる。
シューマンの革新性も感じる。

後続楽章もある意味焦ったような落ち着かなさを感じるかもしれないい。
しかし、痛快なドラムの音とともに息せき切って走る様は眩しい。

この演奏にはシューマンの陰影が見えないかもしれない。
ただ、実際このころは作曲家は健康だった。

ORR_biog_JEGMS022_201701242214087d0.jpg

録音はロンドン、ワトフォード、コロシアムでのセッション。
妙にぎすぎすしたり、反対に残響過多でもなくいい塩梅。鮮明である。

10:57  6:23  5:15  7:42   計 30:17
演奏   S   録音  93点

コメント

キレがあるのにコクがある
明快なオケの響きと曲想が完全にマッチングしていますね。
このところの厳しい寒さで縮こまっていた心が温かくなる演奏です。

この演奏を聴くと、交響曲を作曲するにあたり
ベートーヴェンを目標にしていたのかと思えます。
No title
なるほど。
このような引き締まった音響はベートーヴェンに通じるかもしれませんね。
シューマン=ロマン派の権化⇒ロマンティックな演奏の図式を疑いたくなります。

管理者のみに表示

トラックバック