クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ハーン(2007)

2017.01.24 (Tue)
ハーンvncon
ハーン(Vn)/サロネン/スウェーデン放送交響楽団(2007、DG)は
安定した繊細。派手ではないが惹きこまれた。

ヒラリー・ハーン(1979~)
HahnNY.jpg
はクールな雰囲気から線の細い演奏を想像したがそうではない。

この曲の半分を占める第1楽章がなんといっても聴きもの。
落ち着いたテンポで実に入念。正面から取り組みしっかり弾ききる。
奇抜なところはなく感情の表出は抑制的。それでいて惹きこまれるのはなぜか。
このヴァイオリンの音色に独自の魅力がある。
続く楽章も同じ印象。粘り気があるわけでなく安定している。

ハーンは、最初この協奏曲を理解できなかったと記している。
そしてコンサートで何回か演奏した後この人気曲といったん遠ざかったと。
20代後半になりようやくこの曲の
『精妙でノスタルジックな美しさに希望が絡み合っている』
ことに気づき見直しこの録音になった。
この客観化が没入的で心の震えを表出するのでなく、
もっと逞しい正面突破の演奏につながったのではないか。

なお、サロネンのバックも細やかかつ包容力があり素晴らしい。
見守り丁寧に支え、深みも見せる。こちらは大人の男だ。
salonen_.jpg

録音はスウェーデン放送のベルワルドホールでのセッション。
Berwald03.jpg
低域から高域まで癖のないしっかり安定した音。
量感、伸びなど申し分ない。
北欧のオケだからと言って寒々しい音ではない。 

17:19  8:35  7:16   計 33:10
演奏   A+    録音  95点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック