クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ニールセン 交響曲第2番 リーパー(94)

2017.01.23 (Mon)
リーパー23
リーパー/アイルランド国立交響楽団(94、NAXOS)は飄々中庸。
リーパー(Adrian Leaper, 1953~)は英国の指揮者。
31736.jpg
ナクソス等廉価レーベルがマイナー扱いされていたころに起用され
大量に録音を残した。北欧、ロシアものが多いが、いかにもイギリスの
指揮者っぽく常識的で時に淡泊ともいえる表現が特徴。

彼はナクソスにニールセン全集を残しているが人気曲交響曲第4、5番では
メジャーにみられない特殊な意匠を凝らすこともあった。
しかしこの第2番ではそのようなことはなくいつもの彼を感じる。
無用に粘着したり過度な表現を取らずまっとうなすっきり表現。
この曲を初めて聴くには他盤により面白い表現があるし、
21世紀に入りより詰めた演奏が出てきている現在はやや浅く感じられる。

なお、このリーパーのニールセンのCDジャケット3枚には各々
デンマークの画家Jens Ferdinand Willumsen (1863~1958) の同時代の
作品が用いられている。この盤は作品名「Fear of Nature」だが、
ナクソスはなかなかセンスが良いと思った。

録音はダブリン、国立コンサートホールでのセッション。
National Concert Hall, Dublin
立派なホールで音響的に申し分ないが、
ナクソスはこれまた中庸の精神で録音している。
ティンパニなど重要な役割を示すのでもう少し明晰さがあればよかった。
刺戟の少ない音。

8:54  4:33  11:49  7:13   計 32:29
演奏   A    録音  90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック