クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ブラームス セレナード第1番 ハイティンク(76)

2017.01.18 (Wed)
ハイティンクセレナp度
ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(76、Philips)は
巨大・空前のスケール。

この若書きの気楽なセレナードを超一流オケと上り調子の指揮者が真正面から音にした。
しからばこれを代表盤というに憚るところがないか、と言われればどうだろう。
曲には曲の世界があろう。この演奏は予定された枠を大きく超えている。

青年が野原を歩きながら思いを馳せた楽想が、ここでは宇宙の鳴動のよう。
その大きな要因がこのオケ最大の楽器である本拠地ヘボウの音響にあるのだが・・・。
concertgebouw_201701162250354a9.jpg

また、真面目なハイティンクは全く手を抜くことなく意志を持ってこの曲と対峙する。
それをオケが全力で受け止めるのでサウンドが真剣勝負。
人が一生懸命にやっている仕事を茶化す気持ちはない。
音楽的な充実度はある意味ずば抜けている。けれど過剰品質という言葉が浮かんだ。
ブラームスが聴いたらこの曲をここまで立派にしてくれてありがとうというかもしれない。

録音は本拠地コンセルトヘボウでのセッション。いかにもフィリップスらしいまろやか空間。
マストーンなので打楽器などの輪郭はぼける。
綺麗なことこの上ないが宇宙的瞑想に入りそうな音場感でもある。

9:43  7:39  15:19  4:12  2:54  6:05   計 45:52
演奏   巨    録音  90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック