クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

プロコフィエフ ピアノ協奏曲第1番 アシュケナージ(74)

2017.01.15 (Sun)
アシュケナージ13
アシュケナージ(p)/プレヴィン/ロンドン交響楽団(74、DECCA)は音楽的充実。
この演奏はLP時代から聴き過ぎて自分の基準になってしまっているので
客観的なことは言えない。
しかしそれを抜きにしてもやや生硬ともいえるこの作品を一回り大きくしている。
それは例によってプレヴィン指揮のロンドン響によるところも大。
プレヴィン(1929~)とアシュケナージ(1937~)は二人ともピアノの名手で指揮もする。
この演奏の場合一体どちらが主導権を握ったのであろうか。
previn_20170114221557fcf.jpgYoung20Ashkenazy.jpg
第1楽章冒頭のダメを押すような3つの音のスケール感をこの演奏で植えつけられて
しまったので、さっさか行く他の演奏は私の基準で減点になってしまう。
ピアノはスピード感と安定性と強さを兼ね備えている。
そして細部まで目の配られた逞しいオケ。

第2楽章はぐっとテンポを落としもわっとした魑魅魍魎の世界を演出。
不健康な幻覚の世界。それを突き抜けようとするピアノ。この対比が絶妙。

第3楽章は図太いオケと強いピアノの掛け合いが実に見事。
破綻を感じさせないのが不満といえば不満だが、豪快な結末は流石。

録音はキングスウェイホールでのセッション。
アナログ期なのでテープゴロが無いわけではないが低域からの量感も含めて
流石DECCA。痩せた鋭いだけでない重量感ある音が見事。

6:52  4:35  4:13   計 15:40
演奏   S    録音  90点

コメント

プレヴィン
聴きなおしましたが、ピアノもさることながら
プレヴィン指揮のオケが良いですね。
重心が高すぎず低すぎずいいです。

振り返ると、プレヴィンは日本ではあまり評価されていなかった気がしますが
こうした伴奏では実に手堅くそれでいて面白味があります。

数年前にN響をした時は痛々しい感じでしたが
かなりの高齢ゆえに心配です。
No title
プレヴィンは雰囲気を出すのが
巧いですね。
ジャズ上がりという先入観で
もっと個性的な演奏をしてくれれば
と思うこともありますが
そもそもその先入観がいけないですね。
人間そんな単純なものではないですし。

管理者のみに表示

トラックバック