クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第1番 パパヴラミ(96)

2016.12.31 (Sat)
パパヴラミvncon
パパヴラミ(Vn)/ヴィド/ポーランド国立放送交響楽団(96、NAXOS)は
綺麗事で済まされない力。この訴えかける力は何なのだろうか。
この曲でこれほど情念のようなものを感じる演奏は初めて。
シゲティのような気迫のが剥き出しになるのでなくほの暗く内に秘めたもの。
バランスの良い名盤というには憚られるが思わず惹きこまれそして感動した。

テディ・パパヴラミ(Tedi Papavrami, 1971年~)はアルバニアの首都ティラナ生まれ。
アルバニアは九州より小さい東欧の国。
albania_20161228093248903.jpg
このヴァイオリニストが生まれた頃から1990年代まで鎖国・国民皆兵政策がとられ
独裁国家で貧しかった。パパヴラミは4歳から父の手ほどきで始めたヴァイオリンで
「アルバニアのモーツァルト」と言われた神童。
パパヴラミ1
しかしこの国では十分な活動ができず11歳で渡仏(フランスからの奨学金)。
家族も報復の危機から亡命を余儀なくされたらしい。
困難の末、才能が国家の体制を乗り越え最近では活動の幅を広げている。
そんな彼を早い段階で見出し本盤に起用したナクソスは恐るべし。
パパヴラミ

ナクソスはクラシックのエンサイクロペディアを目指してきたので
強烈な意志を持った演奏は少なかったがこれは例外。

第1楽章から単に夢見て綺麗という音楽でなく、メラメラしている。
第2楽章は白眉。「スル・ポンティチェロ」の部分の強調など恐ろしい。
終楽章も流麗だけで済まさない。テンポは保有盤最長。
後半は一段一段上るような表情。不死鳥のように立ち上がる自分と重ねるよう。
終結は天上の美しさ。

録音はカトヴィツェのポーランド放送コンサートホールでのセッション。
これまたナクソスの好調を示す優秀録音。
ホールトーンとオケ、独奏のバランス感がよくこの迫真の演奏をうまく伝える。

9:32  3:54  8:57   計 22:23
演奏   情S    録音  94点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック