クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ビゼー 交響曲第1番 マリナー(92)

2016.12.13 (Tue)
マリナーbize-
マリナー/アカデミー・セントマーチン・インザフィールズ(92、EMI)はフレッシュ感再現。
マリナー(1924~2016)は92歳で亡くなったがこの録音時67歳。
20年前の1972年に同オケとこの曲を録音したがその時の感興を思い出させる。

第1楽章は冒頭からのハリのある音にいい意味で予想を裏切られる。
ティンパニは硬い音でしっかり締める。違いは反復の実行。
活き活きとした音楽は最後まで続く。

第2楽章は旧盤より1分速くなっている。
しみじみ感よりオペラティックな歌が優先される。

第3楽章はストレートな再現。

終楽章はテンポは普通だがアクセント、ティンパニの打ち込みが明快で、
弦もハリがある。こちらも癖がなく爽快。
バランシンによるバレエ化名が「Palais de cristal」だがまさにクリスタル的。
Palais de cristal

録音はアビーロードスタジオ1でのセッション。
響きはあるが透明感にかけるのがこのスタジオの弱点。
編成が小さいこの曲では目立たないもののもっとくっきり
澄んだ空気感があればさらによかった。

9:32  9:00  5:44  8:49   計 33:05
演奏   A    録音  90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック