クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

コダーイ ガランタ舞曲 リーパー(91)

2016.12.11 (Sun)
8_550520.jpg
リーパー/スロヴァキア放送交響楽団(91、NAXOS)はオケが勝手に名演。
このオケはドナウ川に面するスロヴァキアの首都ブラチスラヴァにある。
ブラティスラヴァ
かつてはチェコ=スロヴァキア放送響と呼ばれナクソスの表記もそうなっているが、
1992年以降はチェコとスロヴァキアが別の国になったため現在名になった。
廉価シリーズのナクソスは大量に東欧のオケを起用して古今の名曲を録音してきた。
この盤もその一環と思われそうだが、この曲に関しては正真正銘本場もの。

指揮者リーパー(1953年~)はイギリス人でコダーイとの関係はみとめられない。
ここではオケにお任せの感じがする。
その結果作為のかけらのない本場の声が聴ける。

メリハリや妙な癖はあまりないがとにかくオケの音が土の香り。
ハンガリーやスロヴァキアの名指揮者が外のオケを振っても出せない
ニュアンスをこのオケは出している。

冒頭のホルンの震え(ヴィヴラート)からしてなぜか懐かしい。
最初のレント部分のたっぷりした歌と管の叫びは胸をかきむしる。
ダイナミックな迫力という点ではほかにあるがここには素朴な力がある。
管のしゃくりあげなど指揮者では指示できず、団員の自発的なもの。
たとえて言うなら俳優が無理して関西弁を話すのでなく、
堺のオッチャンがしゃべくりまくって終わる。

この録音はブラチスラヴァのスロヴァキア放送コンサートホールでの
セッション。
7220Slovak20Radio20Hall_2016120823244476d.jpg
ナクソスらしく手堅くまとめる。地味ながら力強い音。
放送局的録音かもしれない。

16:28
演奏   S    録音  91点

コメント

No title
廃盤のようでヤフオクで手に入れてみました。
確かにこの演奏は、作れるものではない感じがありますね。特にティンパニのバランスなんかは民族に依存するものでしょうね。
いつも貴重な演奏の紹介ありがとうございます。
侘び寂び
ナクソス・ミュージック・ライブラリーで聴きました。
畳み掛けるような迫力はありませんが
「地に足がついている」という感じで
侘び寂びの風情がたまりませんね。
ローカル
皆さまもお感じのように
ガランタ舞曲のような曲は
技術が素晴らしいだけではどうにも
成らない部分がありますね。
この演奏は無名の演奏家によるもの
といえるのでしょうが
きっとこうなんなんだろうな、という
惹きつける空気があります。
No title
人工的なドライブ感満載ですが、チェリビダッケ/ロンドン響1980.4.13 Concert Clubというのも捨てがたいですね。ただ、最後にチェリも予期しないアンサンブルの乱れで終わりますが。
チェリ
チェリもある意味ガランタ地元ですかね。
収録のBOXの存在は知ってるのですが
持っていません。
きっと共感が強い演奏なのでしょうね。

管理者のみに表示

トラックバック