クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シューベルト ピアノ・ソナタ第21番D.960 舘野泉(91)

2016.12.04 (Sun)
舘野泉18192021
舘野泉(91、Canyon classics)は凛とした思索。

舘野はこのCDの解説の中で
「現代のシューベルト弾で、私はブレンデルとルプだけが素晴らしい
と思うがこの二人ともリヒテルに比較すると小さい。
作品の核心に至るまでに、あまりにも多くのことに
気配りしすぎるように思うのだ。」
「(一方リヒテルはそうしたことを感じさせず)運命とデモンそのものが
目前に在るという感じであった」
と記している。

確かにこの演奏はリヒテルとタイムが似ている。
但し、タッチはこちらがすっきりしているし音の粒が立っている。
前2楽章はポツリポツリ感があり寂しさが漂う。
流れるよりも思索的。
後半2楽章は一気呵成だが決して粗くならない。
知的なコントロールが効いている。

ある作家はこの演奏をルービンシュタイン的と評したけれど、
私には違った方向に聴こえる。
1936年生まれのこのピアニストが55歳だった時の記録。
まだまだ明快な意識・意欲が見える。

録音はフィンランド、ヤルヴェンパーのシベリウス・サリでのセッション。
ヤルヴェンパザール
響きも粒たちもよいホール。低域も濁らず澄んだ音が聴ける。
北欧の冬の録音といわれるとそうかと思う。
Rikkumaton.jpg

23:08  10:14  3:43  8:01   計 45:06
演奏   A   録音  95点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック