クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ブルックナー 交響曲第1番 ティントナー(98)

2016.11.29 (Tue)
ティントナー1
ティントナー/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団(98、NAXOS)は青く蒼い。
大きな音楽だが重くならない爽やかさ。そして終楽章は破天荒な音楽。
軽快なスクロヴァチェフスキーに比べると10分近く長いが、
これはこれで儚い抒情性を感じるロマンティックな演奏で素敵だ。

ゲオルク・ティントナー(1917~99)はウィーン生まれの指揮者。
ティントナー
ユダヤ系であったために独墺を逃れて彷徨う人生。
この指揮者はブルックナー交響曲全集(1995~98)の最後を飾るこの曲の録音と
ライナーノートの執筆を完了したら、マンションから飛び降りてしまう。
94年から発症していた癌との戦いを自ら断ち切った。

そんな彼が遺書のように残したブルックナーは現生の苦悩を感じさせない清冽さ。
そして作曲家でもあったティントナーは、楽譜に拘りこの第1番も
「改訂していないリンツ稿」という世界初録音のスコアを用いている。
通常の「リンツ稿」は1868年の初演後1877年に出版された譜を使っているが、
これは既に改訂の手が入れられていた。
本盤におけるスコアは1868年作曲者自身の手で初演されたもの(=1866年完成)を
ウィリアム・キャラガンによって復元した版を使っているとのこと。
ティントナー曰く、これが初演時に聴衆が聴いた音楽、真性リンツ版だと。
その違いは終楽章に大きい。

第1楽章は力まないヒロイックな行進の後にリリカルな第二主題が
登場するがこの澄み切った空気感は北欧的。
これはティントナーの特質であるとともにスコッチオケのテイスト。
ワーグナーのモティーフを使いながらもひんやり感。

第2楽章も室内楽的だが、ティントナーはここにシューベルトを感じると
記している。確かにこの連綿と続く優しいメロディはそうかもしれない。
ティントナーは夢幻的なテンポをとる。対向配置の弦が美しい。

第3楽章のスケルツォはほどほどの激しさ。

終楽章は通常の改訂リンツ版と初演リンツ版ではオーケストレーションや
パッセージのいくつかが異なっている。
今まで聴きなれない「オヤッ」と思うような場面が確かにある。
はっきりいってパッチワークのように音楽が飛び出す感がある。

ヴァントは第1番においてウィーン稿を採用する理由を
「リンツ稿はブルックナーが精神的危機の状態で書かれた音楽だから」
とする。しかし、この「初演リンツ稿」は通常の「リンツ稿」以上に八方破れ
そのものである。それをそのまま愛情を持って再現したのがこの演奏だ。
でも面白い。演奏も奇抜さを売り物にしない真面目なもの。

録音はグラスゴーのヘンリーウッド・ホールでのセッション。
henry-wood-hall_20161127193122115.jpg
高い天井を持つこのホールでスケール感のある音。
透明感もあり柔らかい響きが伸びてゆく。独墺系のどっしり感とはまた違う。

リンツ稿(1866版)
14:33  15:19  9:05  15:48   計 54:45
演奏   抒A+    録音  93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック