クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ファリャ 三角帽子 ホルダ(60)

2016.11.26 (Sat)
ホルダファリャ
ホルダ/ロンドン交響楽団(60、Everest)は朗らか田舎。
これがロンドンのオケかと思うほどローカルっぽい。

エンリケ・ホルダ(Enrique Jordá, 1911~96)はスペイン生まれ米国指揮者。
Enrique Jordá
ラテン系だから「爆」を期待すると間違う。
明るく大らかだが、決して無理な表現はしていない。
ただ、ロンドン響がこの指揮者に慣れていないのか
アンサンブルの精度は高くない。

冒頭のティンパニの田舎っぽい音やオレオレの雑然とした感じは面白い。
多分この人は強引なドライブや
オケを締めつけるようなタイプではないのだろう。
表情はくっきりした隈取りで録音も含め劇画的。
終曲はズンドコ弾む。
全体のオケの扱いなどやはり同時期のアンセルメの方が上だと感じる。

録音はロンドン・ウォルサムストウ・アセンブリーホールでのセッション。
マイクを近くに立てかつ左右を強調した所謂ステレオタイプを地で行くような音。
鮮明で生々しい。”ハリウッド映画と同じ35ミリ磁気テープを用いて、
ステレオ最初期ながら驚異的な音の良さで世界のオーディオ・ファンを
興奮させました”との紹介があるが
Dレンジも余裕があり半世紀以上前の録音としては新鮮。

1:33  2:36  6:50  4:14  3:07  2:33  4:53  5:47  6:03  計 37:36
演奏   A   録音 88点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック