クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベルリオーズ 幻想交響曲 ロイター(88)

2016.11.21 (Mon)
ロイター幻想交響曲
ロイター/ベルリン・コミッシェ・オパー管弦楽団(88、BerlinClassics)は朦朧夢の中。
けだるい不思議な1時間を味わえる。

このCDなんの予備知識もなくジャケ買いした一枚。クラシックぽくない。
演奏者も知らない。買ったままずっと聴いていなかった。

ロルフ・ロイター(Rolf Reuter, 1926-2007年)は、旧東ドイツのの歌劇場中心の指揮者らしい。
ロルフ・ロイター(Rolf Reuter, 1926年10月7日 - 2007年9月10日)
オケはベルリンで前衛歌劇や独語主義を貫く歌劇場のオケ。
Komische_Oper_Berlin.jpg

演奏はひんやり長い。全曲57分以上、特に第3楽章は19分と最長。そして結構恐い。
第1楽章からウキウキ感がない。
第2楽章もひっそり。
第3楽章はすでに夢の中の葬送のよう。雷鳴も幻。意識が一層遠のく。
第4楽章の断頭台へはリピートせず進むがラッパだけが遠くから明るく聞こえるが
全体は覇気がない。
終楽章は長い時間をかけて辿り着いた怪奇の闇の世界。
アクセントは相変わらず弱いが、初めて少し活き活きしている。
チューブラベルが広大な空間の中響きわたるのは印象的。
終始強調した表情は無く不思議な基本脱力系。

録音場所は未記載。東ベルリンイエスキリスト教会のような冷気空間を感じる。
音はスーと美しいシルキートーン。
オンマイクでなくやや遠景ながら綺麗に溶け合う。後半に行っても迫真性は薄い。

15:48  6:47  18:50  5:14  10:34   計 57:13
演奏   朦    録音  90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック