クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ファリャ 三角帽子 ロペス=コボス(87)

2016.11.19 (Sat)
コボス三角帽子
ロペス=コボス/シンシナティ交響楽団(87、TELARC)はカラッと軽快。
ヘスス・ロペス=コボス(Jesús López-Cobos, 1940~ )はスペインの指揮者。
lopezcobos2.jpg
まさにお国ものでファリャを多数録音している(この曲二回目)。
falla.jpg
ただ、意外なほど濃厚な民族色は少ない。
このオケの特質をそのまま出ている。
とはいえ、この湿度の低い爽快な明るさは独自だ。
リズムは軽く、音価は短く。よってウキウキ感がある。
スキップしながら進行していく。キレもよく気持ちよい。

この指揮者はラテン的なラフさはなく知的で緻密。
それにシンシナティ響は室内楽的に締まった音で反応する。
弦のザクザクした音もよいし、ビシッと決まる。
終結にかけてめまぐるしい転回での勢いも流石。
ムンムンするスペインムードやローカル色を求めるとすれば外れるが、
このキラキラした美しさは他にない。

録音はシンシナティ・ミュージックホールでのセッション。
伸びよく響きは綺麗。低域を締め、鮮明に音を捉える。
溶け合いよりも各楽器の分離を優先。この演奏の特徴を生かす。

1:26 5:10 3:27 4:00 3:08 7:07 6:05 5:56  計 36:19
演奏   乾A+    録音  93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック