クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

グレインジャー 戦士たち(ピアノ版) ジョーンズ(91)

2016.11.15 (Tue)
マルティン・ジョーンズ
M・ジョ-ンズ(p)(91、Nimbus)は6手2台のピアノによる演奏。
グレインジャーはグリーグもびっくりのピアノの名手。
パーシーグラインジャーピアノ
「戦士たち」は1916年に完成したが1922年にピアノ連弾用に編曲した。
管弦楽版は巨大すぎるのでピアノ版に圧縮、
といっても4手では間に合わないので6手になった。

英国のピアニスト、マーティン・ジョーンズ(1940~)は全5巻の
グレインジャーのピアノ曲集を完成させているがこれはその中の1曲。
マルティンジョーンズ
フィリップ・マーティンとリチャード・マクマホンというピアニストが参加している。

このピアノ版の他の盤は知らない。これはこれで愉しい。
勿論オケ版のスケールや多彩さはないが、
パルス的なピアノの使い方が面白くキラキラが続く。
ピアノは力強いがやや単調になる点があるのは演奏者のせいなのだろうか。
アルゲリッチがその友人とやってくれないか。

録音はグラスゴー郊外のWyastone Leysというニンバス所有の館でのセッション。
Wystone_Leys_02.jpg
響きは大きくなく適度な広さ。芯のある音。

20:03
演奏   A    録音  90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック