クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第3番 メータ(80)

2016.11.12 (Sat)
メータ英雄
メータ/ニューヨークフィル(80、SONY)は低重心堂々。
オケの重量感が尋常でない。

意外なことにメータ(1936~)はベートーヴェンの交響曲全集を作っていない。
このコンビでは3、5、8、9番(と思われる)。
しかし彼のベートヴェンでは強烈な思い出がある。
2011.3.11の東日本大震災を受けて、4月10日東京文化会館での「第9」の熱演だ。
これには涙した。
彼自身この震災の日フィレンツェ歌劇場を率いて来日していたが急きょ帰国指示が出て
一度日本を離れた。その時、
「日本の友人たちのために何も演奏できず、去るのは悲しい」と涙しながら、
「音楽の力で人々を励ます場面が絶対に訪れると信じている」と危機的状況における
芸術の重要性を訴えた、という記事にこちらが感動した。
そして原発問題で外人が日本を去る中、すぐに日本に舞い戻りチャリティーコンサートを
敢行した(なんと、メータは同年5月に同趣旨のコンサートをドイツでも行っている)。
Mehta_2016111220425249f.jpg

メータというのはロスフィルを離れてから日本では評価が急落した。
私の中でもそうだった。
「メータのブルックナーを聴く方が悪い。知らなかったといってほしくない」とまで言う
評論家まで現れた。

確かにロスフィル時代のメータは抜群に面白かった。
録音も軽快・鮮烈だった。
その記憶を引きずると裏切られることになる。
しかし、まっさらな気持ちで接すると
それ以降も素晴らしい演奏が沢山あることに気づく。

メータはブーレーズの後継としてNYPの音楽監督を1978~91年務めた。
この間、CBS・ソニーはこのコンビでDECCA時代好評だった曲の再録音をしていった。
が、パンチのある前録音を越える評価は得られなかったと思う。

幸いにこの曲はロスフィルとの録音がない初録音。
当時ブラインドでこの演奏を聴いていたら絶対メータとは思わなかったはず。
というのはロスフィルの軽い音とは全く別の重厚な音楽だから。

とにかくニューヨークの特質のゴリッと太い低弦が効いている。
テンポは速くなく第1楽章のリピートを行うので全曲で52分以上。
決して気の抜けた演奏でなくここぞという場面でじっくりした表情を見せる。
弦の他ティンパニの打ち込みや金管の咆哮も豪快。
終楽章も圧倒する迫力で聴き終わって満足感があった。
勿論、ピリオド奏法とは無縁のロマン派型。
緻密で繊細というより、終始充実した響きが特筆。

録音はエイヴリー・フィッシャーホールでのデジタル・セッション。
左右に展開するも響きは多くない。
鮮烈ではないが十分にスケール感はある。

18:45  16:12  5:44  11:57  計 52:38
演奏  A   録音 90点

コメント

メータ
メータは1983年にイスラエル・フィルとのマーラー5を聴きましたが
その他のオケでは実演で接してません。
先般TV放送されたウィーン・フィルのガラ・コンサートでは
衰えを感じましたが、もう80歳、致し方ありません。

これは存在すら知らない録音でした。
実際、ソニーのメータの録音がほぼ廃盤ですし・・・

メータのニューヨークでの任期はバーンスタインより長いのですね。
この録音、ぜひ聴いてみたいです。
ニューヨークとの録音、要チェックですね。
メータ
私も先日ウィーンフィルとの来日し
小澤と一緒に振った映像を見ましたが
確かにかなり老けましたね。
メータは奇抜な演奏をする人ではなかったので、なにか変ったこと・印象的なことは期待はできないですが
結構充実した演奏を残したと最近思っています。

管理者のみに表示

トラックバック