クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シューベルト ピアノ・ソナタ第21番D.960 アラウ(80)

2016.11.05 (Sat)
Arrau-Vol22.jpg
アラウ(80、Philips)は羨ましい。
こんな言い方は失礼だが「天真爛漫」に聴こえる。
音色には神経質さはなく温もりがある。劇的ではないが情感はある。
フォルテも突き刺さらず包容力がある。

アラウ(1903~91)はこの録音時点で70後半。
すっかり大家として名声を欲しい儘にしていた。
人間、好きなように生きれたらいいなあ、とふと思うような演奏。
(↓アラウ80歳の記念演奏会 1983年)
1983_Arrau_80thBirthday.jpg

こんなだから聴く方は身構えない。
心の防御壁はすでに取り払われてこの演奏に浸ってしまう。
これぞ大家の術かもしれない。

録音はスイス、ラ・ショードフォン でのアナログ・セッション。
La Chaux-de-Fonds
きれいな響きのホールだが、音はむき出しでなく少しくぐもる。
木質感のある質朴な温もりを感じる音。

20:07  10:49  4:45  8:20   計 44:01
演奏   A+    録音  88点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック