クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベートーヴェン 交響曲第6番 クレツキ(65)

2016.10.17 (Mon)
クレツキ6
クレツキ/チェコフィル(65、Supraphon) は爽やか田舎。
パウル・クレツキ(1900~73)はポーランド生まれでベルリン・スイス・
イスラエル・アメリカなどで活躍したユダヤ系指揮者・作曲家。
アンセルメのあと67年にスイス・ロマンド管弦楽団常任指揮者と
なったが病のためそれも長く続かなかった。

私がクレツキを知ったのはステレオ最初期EMIにいれたシベリウスの交響曲で。
カラヤンの穴埋め的役割。演奏自体は質実剛健で華やかさを感じない内容で、
地味な指揮者のイメージ。その時は仕掛けのない演奏に物足りなさを感じたが
いま聴くと実に逞しい演奏だった。子供にはわからなかっただけ。
そうした意味では玄人受けの指揮者だったのかもしれない。
kletzki.jpg

そしてこのベートーヴェン。LP時代は全く話題にならなかったのではないか。
私もCD化されて初めて接した。虚飾を排した率直な歌。いいではないか。

この「田園」はチェコフィルが田舎のしみじみとした音を出していて懐かしくなる。
全編無理のないテンポでどこにも違和感がない。
恣意的な部分はなく、オケを整理してすっきり聴かせる。
そのため当時の洗練されないチェコ・フィルの音が聞き取れる。
青々した弦、背筋の伸びた管。実に気持ちいい。

録音はプラハ・ルドルフィヌムでのセッション。
聴衆がいないととかく響きすぎる会場だが、この録音は非常に明快。
直接音をしっかり録っており弦の音など生々しい。
ただし、アナログテープ経年と思われるヨレが感じられるところがある。

12:00  12:38  5:51  4:01  9:14   計 43:44
演奏   A    録音  86点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック