クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ブルックナー 交響曲第4番 ヴァンスカ(2008)

2016.09.13 (Tue)
ヴァンスカ4(1888)
ヴァンスカ/ミネソタ管弦楽団(2009、BIS)は1888年版。
いわゆる「第3稿」で2004年に出版されたコーストヴェットによる版を使用。

「ロマンティック」の版は錯綜しているが大きく三つ。
①第1稿(1874年、初稿版)・・・最近演奏録音が増加。
②第2稿(1878/80年、ハース、ノヴァーク、原典版)・・・戦後演奏の大多数。
③第3稿(1888/89年、レーヴェ、改訂版)・・・戦前はだいたいこの版。

本盤は第3稿の修正版的位置づけ。①と②ではスケルツォがまるで別の曲に
なるなど大幅な違いだが、それに比べると②と③の違いは小さいともいえるが、
決して無視できるものではない。
詳細はコーストヴェットによる解説がCDに付属。

ただ、私はだんだんブルックナーの版の差異に興味が無くなってきた。
シンバルが鳴ろうが鳴るまいが、まあいいかと。
結局は聴いてみて自分にとって心地いいかどうか。

そしてこの演奏、
もしこれを聴いて育ったなら、これでありだと思った。
②の刷り込みのある私でも③のアイデアが面白いと思える部分がある。
但し、演奏全般は少しせかせかした感じもありゆったり浸れなかったのも事実。
テンポの設定ということよりも場面転換が第2稿に慣れている者にとって
唐突な面があったかもしれない。
またヴァンスカもどちらかというと、そうした段差を敢えて繕う指揮者ではない。
いやむしろヴァンスカの指揮自体の方針で版の問題ではないかもしれない。

初稿を最初に聴いた時も違和感があったが慣れてきた。
そうした意味では、第3稿やこのヴァンスカ版についてはもう少し馴染みたい。
ただ、ヴァンスカの挑戦は買いたい。
20091029-osmo.jpg

録音はミネアポリスのオーケストラホールでのセッション。
大植英次による同オケのリファレンスレコーディングと同じホールだが
あそこまでのH-iFiではない。BISらしい落ち着きと少しくすんだ落ち着いた響き。
優秀録音でスケール感は申し分ないが抜けは更に欲しくなった。

18:06  16:18  9:03  18:05   計 61:32
演奏   (A)    録音  94 点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック