クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

アッテルベリ 交響曲第6番(五重奏曲版) 新ブタペストSQ(90)

2016.09.12 (Mon)
アッテルベリ五重奏曲
プルニ(p)+ニューブダペスト四重奏団(90、MarcoPolo)は五重奏曲版。
アッテルベリの第6交響曲は1928年にシューベルト没後100周年作曲コンクールで
優勝して各地で頻繁に演奏された。名だたる指揮者(ビーチャム、カヤヌス、
トスカニーニ、ハーティ、メンゲルベルグetc)が相次いで取り上げた。

しかし彼は自分の作ったこの交響曲が時代遅れで受けを狙っていたことを
承知していた。あれほど流行したこの交響曲もだんだん忘れられた。
とは言え作曲家は自分を一躍世界的に有名にしたこの曲に愛着を持っていた
ようで要請に応えてこの曲を室内楽に編曲した(第二次大戦中1942年)。
完全に交響曲を移し替えたものなので作品番号は交響曲と同じop.31。

で、この五重奏曲版はなかなかよい。
楽器がシンプルになった分、メロディーラインが浮き上がりとてもに親しみやすい。
交響曲においてオーケストレーションが音を単純に音を重ねるようなところが
あるのに比べて室内楽は贅肉を落としたスッキリした形になったのもよかった。

この演奏は響きの純度や音程の確かさなどの点で洗練されたものではない。
何かモノクロの戦前の映画を見ているような古さを感じさせる。
但し、これはこの曲本来の持つノスタルジックな雰囲気なのかもしれない。
ピアノなどアッテルベリ特有のキラキラ感がいまいちとも思う。
でも、この曲は好きだ。もっと演奏されてしかるべき。
アッテルベリの曲自体もっと演奏されたら嬉しい。
Atterberg.jpg

録音はブタペストのフンガトロンスタジオでのセッション。
スタジオっぽく狭い音場でかつ響きが少ないデット。
化粧のできない直接音主体で家庭のサロンで聴いているような雰囲気。
しかし、もっと伸びやかな音響ならば綺麗さが増したはず。

9:45  11:07  8:50   計 29:42
演奏    A    録音  85点

コメント

アッテルベリ
こんにちは。アッテルベリという作曲家を、初めて知りました。ネットなどで少し聴きましたが、これからCDなどで聴いてみたいと思いました。先日、大阪POの演奏会でバカロフという作曲家の「タンゴ.ミサ」をテレビで聴きました。オケとバンドネオン、声楽の曲が面白かったです。
アッテルベリ
高木一也様
アッテルベリはメロディがはっきりしているので聴きやすいと思います。
北欧テイストでもありますので
そちらがお好きならきっと気に入られると思います。
バカロフ・・・聴いたことないです。私も未知の作曲家にトライしたいと思います。
ありがとうございました。

管理者のみに表示

トラックバック