クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第7番 N・ヤルヴィ(2003)

2016.09.04 (Sun)
ヤルヴィシベリウス全集
N・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団(2003、DG)は思いが強い。
最初聴いたときは、あの職人指揮者ネーメ・ヤルヴィのものか耳を疑った。
そして少し戸惑った。
85年の旧盤から4分ほど演奏時間が長くなっている。
前回は速いテンポで痛快な演奏だったが、今回はマゼールやティントナーに次ぐ
演奏時間。しかも一様に遅いというよりもロマンティックに溜め、歌う。

冒頭のアダージョのテンポは息が長くなりそしてアクセントの角はまろやかだ。
木管の音は惚れ惚れする美しさ。
続く弦のテーマはひんやりした音で小さな慟哭をしている。
エッ、泣いている?
凛とした姿で涙など見せなかった旧盤に対しこちらは涙が零れまくっている。
なにがあったのかと思うほど切ない。
この7番でこんな情感を湛える演奏をしていいのか。

ぐしゃぐしゃになった顔を上げると森から太陽が登る(トロンボーンの啓示)。

ヴィヴァーチェシモに入ってからのテンポも急峻ではない。
うねる弦も強調されずオケ全体が溶け合い進む。

アレグロ・モデラートでは思わぬテヌートやテンポの明らかなギアチェンジに驚く。

ヴィヴァーチェからの終結部は無理やり力で推し進めるのではなく包容するロマン。
この息遣いはさすがに熟練の味。このベテラン指揮者は決める。

ネーメ・ヤルヴィ(1937~)。
どちらかというと即物的な演奏という印象が強かったが、
ここでは何か思い切り心情吐露してしまったような感がある。
単に年取って遅くなったわけではなく
徹底的に意思を投入した演奏ではある。
njarvi.jpg

それにしてもシベリウスのこの第7番、なんと素敵な曲だろうか。

録音は本拠地エーテボリ・コンサートホールでのセッション。
goteborgskonserthus-topp-1_1920x860_acf_cropped.jpg
BISの音よりDGは量感たっぷりでクールな中にも温もりを感じる。
全体のバランスもよく優秀録音。

24:37
演奏   情A    録音  95点

コメント

No title
厳しさとかメリハリはありませんが、その分旋律の歌わせ方が美しいですね。
バーンスタイン&ニューヨークが荒れ狂う海なら
こちらは春の暖かい海かもしれません。

最近、アマオケですが生演奏を聴いて、ようやくこの曲の良さに目覚めました。
この曲は唯一無二の個性を持っていますね。
No title
この曲は唯一無二の存在ですね。
孤高という言葉を使いたくなります。

管理者のみに表示

トラックバック