クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ストラヴィンスキー 春の祭典 小澤征爾(68)

2016.08.30 (Tue)
小澤CSO春の祭典
小澤/シカゴ交響楽団(68、RCA)は予期せぬ野生。
30代前半の小澤がただがむしゃらに、夢中に一生懸命、
名門シカゴ響を振ったらこうなってしまいましたという感じ。
尻上がりに予定不調和。
アンサンブルの精緻さを求める向きにはお薦めできない。
コンプライアンス部門に関与される方には発散材料。

ささくれ立った音はコントロール不足なのか妙に飛び出す。
金管の咆哮はライナーのもとでは絶対許されない自由さ。
弛緩はなく断崖絶壁に立たされる。こんな演奏だったのか。

後半に行けばいくほど異様さが増す。
終曲の「いけにえの踊り」はテンポが微妙に揺れ
危なっかしいことこの上ない。
硬いティンパニがほかの音をかき消すような乱打。

「春に祭典」を振って熱くなれた時代の記録。
この無茶苦茶はすでに失ってしまった何かを呼び覚ます。
そして余白に「花火」を持ってきた小澤の意欲もNice!
ozawa.jpg

録音はシカゴ、オーケストラル・ホールでのセッション。
比較的細見の音で低域ボリュームは足りない。
ただしそれゆえ肥大化しないギラついた印象。音は近接で鮮明。
リマスタリングでヒス除去よりも生々しさを優先。

15:06  17:31   計 32:37
演奏   野A+   録音  89点

コメント

鼻血もの
 家庭用のクラシック選集を聞いて育ち、小澤征爾の札幌交響楽団来演からファンになりディスコグラフィを追うことに。指揮者の趣味を追うことにもなります。最初はEMIシカゴから、次のRCAシカゴの一番目にこれを購入。
 経験の無い音の洪水に鼻血もの?!わかんないけど、なんだこれ?!驚愕の音楽に呆然?!このあとにカルミナブラーナに遭遇?!今から思えば小沢お若気の至り?!の選曲。時代の要請としても30代の小澤はスゴイ!
小澤歴
北の火薬庫さんの小澤歴は筋金入りですね。
私はもう半世紀近く前のチャイコの第4番のナマを聴いて驚いたクチですが、しばらく離れていました。
サイトウ・キネンに行きはじめて再認識しファン復活となりました。音盤には入りきらない美質を感じた次第です。

管理者のみに表示

トラックバック