クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ラヴェル ラ・ヴァルス バーンスタイン(63)

2016.08.19 (Fri)
ラヴァルスバーンスタイン1963?(←LP盤の表紙は覚えていたのだが・・・) 
バーンスタイン/ニューヨークフィル(63、SONY)は破天荒が消えた。
1958年にこの曲を録音してすぐにまた録音したというのは
バーンスタインは旧録音に満足していなかったのかもしれない。

実は私はこの盤の存在を知らなかった。
というのは、最近入手した「BERNSTEIN EDITION(協奏曲&管弦楽曲版)」に
たまたま3種類の「ラ・ヴァルス」が含まれていることに気付いたため。
バーンスタインエディション

因みに、殆どバーンスタインの録音を保有しているのになぜ重複するこの80枚組を
購入したかというと、この欄のコメントにこのセットのリマスターは良好との情報を頂いたため。
確かに不満に思っていたバルトークの「管弦楽のための協奏曲」(日本盤)とは
まるで違う音質でこちらは蘇っていた。評価を改めねばならないほど。

まだ全部を聴いていないが、確かにここに格納された音盤の音はよい。
リマスターで印象がまるで変わってしまうことがあるのでほんとに注意が必要だ。
なお、もう一つの「ラ・ヴァルス」はフランス国立との75年盤だが
こちらも今まで保有していた国内盤より音が良くなっている。
(教えていただき深謝)

さて、この盤だが極端な強調があった58年盤よりまっとうな再現になり、
75年盤ほどゆれたり粘ったりもしていない。
悪くはなく美しいのだがある意味あまり特色がない。
せっかく近いタイミングで再録音したのだからもっと意欲を
見せてほしかった、とも思う。バーンスタインは期待値が上がるのだ。
何度も言うがふつうに聴いていればいい演奏。

録音はフィルハーモニックホール(現エイヴェリー・フィッシャーホール)での
セッション。マンハッタンセンターに比べると音響のスケール感は縮まり、
直接音主体となる。今でも鮮明な録音であるが揺るがせにする様な重低音はない。
たぶん初CD化なのではないかと思うがいい音だ。

12:27
演奏   A-    録音    88点

コメント

嬉しいです
80枚組、ご購入されたのですね。
ご満足されているようなので、とても嬉しいです。
交響曲の60枚組は全体的に音が窮屈な印象なのですが
この80枚組は音の拡がりと空気感が良いと思います。
当時のCBSの録音はいいですね。
エイヴリー・フィッシャー・ホールの録音とそれ以外
では後者の方が良いのがモロに出てますが・・・
60枚組と違い、こちらは同曲異演をもれなく収録して
いますし、これでしか聴けない曲も多いのが特徴です。
バーンスタイン
影の王子様
そうですか、交響曲集の改善はいまいちですか?
でも教えていただいたこの80枚組を懐かしく楽しんでいます。
ありがとうございました。
交響曲60枚組
正直、交響曲60枚組の音質には不満があります。
音が荒れ気味で、拡がりが不足している気がします。
ですので、80枚組の音の良さにビックリしました。
おっしゃるとおり、マスタリングで演奏の評価が変わる怖さを感じます。
No title
影の王子様
交響曲集は新たな完全版・新リマスタリングが出たら手を出すことにいたします。

管理者のみに表示

トラックバック