クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

バルトーク 管弦楽のための協奏曲 カラヤン(65)

2016.08.16 (Tue)
karajandg.jpg
カラヤン/ベルリンフィル(65、DG)はトロトロ。
2回目の録音だが、音響のせいもあり美しい部分もあるが重くて軟体。
これはこの音楽と不一致のような気がする。

第1楽章はベルリンの重低音が冒頭より威力。
しかし、もやもや感が強い録音のため各楽器が分離せず空間の中で混ざり合う。
しかもカラヤンの音作りがレガート満載のため音楽がまるで立ち上がってこない。
音が静まった時に木管の独奏は夢見るようで綺麗なのだが
これはそれだけの音楽ではない。

第2楽章はソフトタッチで羽毛で肌を撫でるようなう感触。

第3楽章は重く暗い。鵺(ぬえ)が鳴く沼のほとりにぽつんと立つ。
弦の叫びは体にまとわりつくようなテヌートで攻めてくる。
この部分を聴くとよく言われるカラヤン様式が極めて明らか。
確かにハンガリー勢のように垂直に音を立ててしまうと聴く者に刺さるが、
このようになだらかにしてくれれば糖衣にくるまれた薬のように
頂きやすいかもしれない。

第4楽章は美しい。ゾクゾクする非現実。

終楽章のテンポは素晴らしいのだが、響きの多さで泥んこ。
よくこの響きの中で合奏を整えることができたものだ。
ティンパニなど遠くて残念。真実の迫力がない録音となってしまった。

(↓1965年 エリエッテ夫人とともに。カラヤンの許可した
   写真は映画の一場面のようで、彼の美意識を感じる)
karajan19652.jpg

録音はベルリン・イエスキリスト教会でのセッション。
風呂場音響。
ここでの録音は素晴らしいものがたくさんあるのだが、
なぜかこの録音は響きが多すぎて現実味がない。
残響付加でもしたのか、手を抜いて残響抑止を怠ったのか。
全体にマイクから音源が遠く、マイクに音が到達するまでに
前の音の残響と被ってしまい鮮明さが落ちている。 

10:03  6:45  8:10  4:15  9:18   計 38:31
演奏   軟B    録音  86点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック