クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

サン=サーンス ピアノ協奏曲第4番 ロジェ(79)

2016.07.25 (Mon)
サンサーンスロジェ
ロジェ(p)/デュトワ/フィルハーモニア管弦楽団(79、DECCA)は端正な貴公子然。
パスカル・ロジェ(Pascal Rogé, 1951年~)はパリの音楽家系に生まれパリ音楽院で学んだ。
ジャン=フィリップ・コラールの少し後輩に当たる。
彼が20代後半にデュトワとロンドンの3つのオケでサン=サーンスの協奏曲全曲録音を
した中の一つがこれ。
Pascal Rogé

録音も含めれば全集として平均的に高いレベルだろう。
ただ全体的にロジェのピアノよりもデュトワがリードしているような音楽づくりではある。

第1楽章はピアノもオケも実に丁寧だ。崩しはなく羽目を外すことはない。
軽いタッチで弾きこなすが、香り立つような独自の雰囲気はない。

第2楽章もウキウキした音楽なのだろうけど真面目に進む。
オケはしっかりした音で音楽がしゃきっとしている。

録音はロンドンのキングスウェイ・ホールでのアナログ・セッション。
綺麗な響きを伴い透明感も確保。ピアノは芯がありタッチの強弱が明瞭。

12:38  13:40  計 26:18
演奏   A    録音 91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック