クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ヴァレーズ アメリカ メッツマッハー(2007)

2016.07.17 (Sun)
ヴァレーズメッツマッハー
メッツマッハー/ベルリン・ドイツ交響楽団(2007、CHALLENGE CLASSICS)は
初稿復刻版(2005年)使用。職人的捌き。

インゴ・メッツマッハー(1957~)が2007~10年このオケの芸術監督だった時の録音。
2013~15年の新日本フィルの常任の最後に
この曲や「アルカナ」(なんと日本初演)をやっている。
20世紀音楽のエキスパートで「新しい音を恐れるな~ 現代音楽、複数の肖像」
という著述をなしている。
キャリアのスタート時にミヒャエル・ギーレンに師事しているから筋金入りだ。

さて、演奏だが、
無用な感情移入をせずドラマを持ちこまず極めて整理された音響。
初稿版ならではの異様な打楽器等は殆ど強調されない。
また、ダイナミクスも大きいと言えずくある種淡々と行く。
管理はしっかりされているが肩の力が抜けているというべきかもしれない。
「春の祭典」が一昔前熱血的に演奏されていたが、
今はスイスイ演奏が多くなったのと同じことを感じる。
ブーレーズの新盤のような弛緩はないが、
個人的には、どうせやるならもっとダイナミックなのが好み。

なお、こCDのメインはR・シュトラウスの「英雄の生涯」(終結が静かな初稿版)。
ヴァレーズは若いころにR・シュトラウスと接点があり管弦楽法を学んでいるので
このカップリングになったのかもしれない。
R・シュトラウスの方も力みがなく、スッキリ美しい演奏だ。
R・シュトラウス⇒ヴァレーズと聴いても案外違和感を覚えない演奏。
それがこの指揮者の狙いかも知れない。

そういえば、先述の新日本フィルとのラストコンサートは
①ティル → ②アメリカ <休憩> ③アルカナ → ④死と変容
とヴァレーズをR・シュトラウスで挟んでいた。

(↓パウル・ザッハー財団のヴァレーズ資料集の表紙がカッコいい)
vareseイメージ

録音はベルリンのフィルハーモニーで、ライブっぽい気もするが
書いてないのでゲネプロかセッションか。
ドイツ文化放送の収録らしく素直な音。
空間の広さと一定の距離を感じさせ刺激音は少ない。
低域の量感は適度に止まる。

25:12
演奏   A    録音 93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック