クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

メンデルスゾーン 交響曲第3番 ドホナーニ(88)

2016.07.05 (Tue)
ドホナーニテラークスコットランド
ドホナーニ/クリーヴランド管弦楽団(88、TELARC)は大人の演奏。
構築される全体の音響の中に美感を忍びこませる。
”スコットランド”という副題よりも純粋交響楽的。

全曲34分とフルオケの演奏では最速クラス。
76年のVPOとの旧盤も締まった演奏だが、それより更に2分半短い。
緩急少なく全体が一様に運動性をもつ。

オケの統率が抜群で隙のない演奏。
弦が厚みを持ってしなり、管は全体のバランスの中で鳴る。
ティンパニも要所は締めるが飛び出さない。誠に均整がとれている。
テンポに緩みはないが、楽器の浮沈で表情をつけていく。
全く派手さはないがこれぞプロの演奏と感じる。
クリーヴランドの整然とした音と言い管弦楽再現の見本のような演奏。

なお、この盤はこの交響曲と同時期の「最初のワルプルギスの夜」(op.60)
という珍しいカンタータが併録されている。
これはゲーテのバラードによる宗教的作品で、背景に共感のない身としては
没入できなかったが、極めて立派な再現であることはわかる。

録音はマソニック・オーディトリウムでのセッション。
(↓よく見ると面白い形状。多目的に使われる)
Masonic-Hall.jpg
テラークらしい肉厚な音。高解像度をひけらかすことはないこれまた大人の録音。
一定の距離感はあるが響きは多くない。
クリーヴランドではセヴェランスホールのほうが大きな空間を感じる。

12:30  4:22  8:18  8:54   計 34:04
演奏   A    録音  91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック