クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

コープランド アパラチアの春 ポプル(96)

2016.07.04 (Mon)
ポプルコープランド
ポプル/ロンドン・フェスティバル管弦楽団(96、ARTENOVA)は身近な風景。
1944年室内楽版でこじんまりと朴訥な音が流れる。
そこには劇的な光景は無くほんのり幸せを喜ぶ田舎の人がいる。

ロンドン・フェスティバル管弦楽団はデッカのハウス・オケとして1950年代創設。
1980年ポプルに出会ってこのオケはBMGやDGなどに
積極的に古典から現代までの小編成の管弦楽をレコーディングするようになった。
今まで出会った彼らの音盤は刺激の少ないつつましやかなものが多かった。
ある時は退屈でBGM的であることも。
この演奏もそうといえばそうだが、
音楽の内容自体がそれと符合しているので気楽に聴ける。
ロンドンFO

録音場所は未記載のセッション。
響きは多くなくいかにも室内で奏されるごとく。小さな編成でピアノの低音も含めて不足ない。

26:27
演奏   A    録音  90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック