クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シューベルト 交響曲第2番 マナコルダ(2013)

2016.06.13 (Mon)
manacoda24.jpg
マナコルダ/カンマーアカデミー・ポツダム(2013、SONY)はアグレッシブ。
ピリオド奏法を取り入れ(金管・ティンパニは古楽器)、アクセントを明快にしながら進む。
ある面攻撃的でもある。
リピートを完全履行なので演奏時間は32分と長いが前進性が強い。
よって全曲を一気に聴かせる。基本は尖がった表現で元気がいい。
弾むように進むが、第2楽章で見せる透明な抒情は清冽。
ともかく穏やかなことなかれ演奏と違い、振幅の大きな表現。
録音も相まって、現時点では一番鮮烈な盤ではないか。
穏やかなシューベルトを聴きたい人には向かない。

それにしても、シューベルトの交響曲もインマゼール、ミンコフスキ
そして本盤の登場などで全く新しい地平が切り拓かれた。

アントネッロ・マナコルダ(1970~)はトリノ生まれの指揮者・ヴァイオリニスト。
94年にアバドとともにマーラー室内オケを創設し、8年間コンマスを務めた。
その後指揮の研鑽をつみ2011年このオケの首席指揮者となった。

カンマーアカデミー・ポツダムは、今世紀に設立されたベルリン近郊の
ポツダムを本拠とするモダン楽器室内オーケストラ。
kammerakademie-potsdam-15-16-by-stefan-gloede_webklein-2.jpg
この交響曲第2番ではVn12、Vo5、Vc4、Db3、木・金管各2、Timpの30名が参加。
併録の第4番はもう少し人数が増強されている。
モダンオケだがこの曲ではピリオド奏法を徹底しており、かつ低弦も強いので
筋肉質でザクっとした音が出ている。ティンパニも硬質。

録音はベルリン・フィルハーモニー・室内楽ホールでのセッション。
Philharmonie_und_Kammermusiksaal_Berlin_-_von_oben.jpg
(↑左が室内楽ホール、右が大ホール)
ベルリン室内ホール
(↑大ホールと同様、舞台をとり囲むワインヤード型)
明晰で目の覚めるような音。
パルス音をよくとらえるとともに、綺麗な響きも纏う優秀録音。
これが、横の大ホールの方だったらこうは行かないだろう。

13:16  8:09  2:58  7:31   計 31:54
演奏   烈S   録音 95点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック